髪にボリュームが出なくて悩んでいる人へ  頭皮ケア編


DSCF0007今日は、最近お客様に相談されることが多い

髪が細くなってきた、トップにボリュームが出ずらい。

ハリコシがほしい!!って方向けのお話。。。

 

 

こんにちは!同じく髪にボリュームがほしくてしょうがない柏原です(笑)

最近よくお客様に相談されます。

前より髪にボリュームが出ずらくなった。髪の毛が細くなった。

分かりますとも。自分も永遠の悩みですから。。。

 

 

まず髪の毛のお話します。

 

少し難しい話になります。たぶん読んでて眠くなります(笑)

 

それでは。。。

 

髪の毛の生えてくる毛根の奥には毛球という髪の毛を作る場所があります。

そこには毛乳頭というものがあり、その周りに毛母細胞というものがあります。

毛母細胞が毛乳頭から栄養などをもらい活性化して

だんだん角質化します(←要するに死んじゃいます)。

この角質化した細胞が髪の毛なのです。

てことは髪の毛は死んだ細胞ということです。

たまに勘違いしている方がいるのですが、

植物みたいに頭皮から栄養を吸い上げたりはしません(笑)

今から栄養摂っても今の毛先は復活しないわけです!

ここから先はトリートメントの話なのでまた別の機会に。。。

 

ここまでが髪の話。

 

 

大丈夫ですか?ついてこれてますか?(笑)

 

 

で、頭皮(毛根)に栄養が足りないと

毛が細くなったりコシがなくなるわけです。

頭皮に栄養を送るには十分な睡眠や食生活の改善が必要なのと、

あとは外から働きかけるわけです。

 

そこで頭皮の話になるのですが、

皮膚は外側から表皮、真皮、皮下組織という層に分かれています。

で、毛球が真皮層にあります。

その下の皮下組織の毛細血管が毛球に栄養を送ってきます。

じゃあ頭皮に栄養を入れ込めばいいじゃないか~!!てなるんですが。。。

 

問題なのは皮膚全般に言える事なのですが、

表皮というのは皮膚のバリアの役割をしています。

外部のいろんな刺激から真皮を守っているんです。

勘のいい方は分かったと思います。

 

毛球があるのって真皮じゃん!!(笑)

 

毛穴から多少栄養は入りますが、大事なのは真皮。

 

真皮まで浸透する物質じゃないと意味がないわけです。

実は、一生懸命顔に塗ってる

コラーゲンやヒアルロン酸は表皮の角質層までしか入れません(-_-)

要は表面の保湿の役割しかできないんです。。。

 

また話がそれました(笑)

 

そこで僕なりに出した答えが、

毛細血管の血行を良くすれば毛球に栄養が送られやすくなるんでないの?です。

 

というわけで頭皮の奥まで働きかけることができる

ボリュームアップコース的なオリジナルヘッドスパメニュー作りますので

気になる方は柏原まで(笑)

真皮層に働きかける物質や、途中それた話も詳しく教えちゃいます!

 

次はそれでもボリューム出ないなら、パーマやセット剤に頼ろう!!編です(笑)

 

 

 

 

 


コメントをどうぞ

カテゴリー: 髪の話, 頭皮の話, 柏原

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です